【AWS】試験範囲とその概要

はじめに

とりあえずAWSの試験対象となるサービスをざっくりと調べてみました
その中で試験範囲として対象となるサービスの中で、重要そうなものをまとめてみました

サービス一覧

  • 分析
  • アプリケーション統合
  • AWSコスト管理
  • ブロックチェーン
  • ビジネスアプリケーション
  • コンピューティング
  • コンテナ
  • カスタマーエンゲージメント
  • データベース
  • デベロッパツール
  • ウェブとモバイルのフロントエンド
  • Game Tech
  • IoT(モノのインターネット)
  • 機械学習
  • マネジメントとガバナンス
  • メディアサービス
  • 移行と転送
  • ネットワーキングとコンテンツ配信
  • 量子テクノロジー
  • ロボット工学
  • 人工衛星
  • セキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス
  • サーバーレス
  • ストレージ
  • VRおよびAR

Computeコンピューティング

  • EC2をはじめとしたサーバー機能やWebアプリ、バッチを実行するサービス群

EC2EC2(Elastic Compute Cloud)

  • 一つの仮想サーバーとしてインスタンスを作成する

Auto-ScalingEC2 Auto Scaling

  • アプリケーションの可用性を維持する
  • 耐障害性の向上、アプリケーションの可用性の向上、コストの削減などメリットがある

LambdaLambda

  • サーバーレスの機能
  • インスタンスを作るのではなく、単なるデータ処理を行うことでコスト減や疎結合化を測る

Storageストレージ

  • データを蓄えるサービス群

S3S3(Simple Storage Service)

  • オブジェクト形式のストレージ
  • 大量データの保存するときに利用
  • Glacierと一緒に利用することが多い

S3 GlacierGlacier

  • S3のストレージタイプとして選ぶことができる
  • S3より安いが、データを迅速にとりだせない
  • あまりアクセスしないファイルを格納することが多い

Elastic-Block-StoreEBS(Elastic Block Store)

  • EC2インスタンスに設置して使うことができるストレージ
  • ブロックタイプのストレージ

FSx-for-WindowsFSx for Windows ファイルサーバー

  • ファイル形式のストレージ
  • WindowsのファイルサーバーをAWS上で作る際に利用するストレージ
  • 高速なストレージ

Elastic-File-SystemEFS(Elascit File System)

  • ファイル形式のストレージ
  • EC2インスタンスから利用するストレージ
  • 複数EC2インスタンスから利用できる

Databaseデータベース

  • RDBMSとか、NOSQLなどが提供されている

AuroraAurora

  • リレーショナルデータベースを構築できる
  • RDSのデータベースエンジンの一つとして選択する

RDSRDS

  • 代表的なリレーショナルデータベースを構築できる
  • mysql、PostgreSQ等の主要なデータベースを手軽に構築可能

DynamoDBDynamoDB

  • NoSQL型のデータベース
  • セッション管理のセッションデータとかの、key-value型のデータを格納して高速アクセス

ElastiCacheElastic Cache

  • インメモリ型の高速処理ができるNoSQL型のデータベース
  • 高いけど高性能

Networking-Content-Deliveryネットワーキングとコンテンツ配信

  • AWSを使って仮想ネットワークを作るサービスとか、オンプレミス側とAWSクラウドとを接続するようなサービス

Virtual-Private-CloudVPC(Virtual Private Cloud)

  • 仮想ネットワークを構築し、そこにEC2などののせていく

Route-53Route 53

  • ルーティングを設定する

CloudFrontCloudFront

  • グローバルなコンテンツ配信サービス(CDN)を構築できる
  • S3などと連携する

Elastic-Load-BalancingELB(Elastic Load Balancing)

  • トラフィック分散やヘルスチェックが可能となる

Management-Governanceマネジメントとガバナンス

  • 実際に利用している状況をモニタリングしたり、ログを蓄えたり、運用管理に利用する

CloudWatchCloud Watch

  • VPC、EC2インスタンスなどのモニタリングができる

Auto-ScalingAuto Scaling

  • リソースの負荷が高まったときにスケールできる
  • EC2インスタンスに設定することが多い

CloudFormationCloudFormation

  • テンプレートにEC2やとかVPCの構成をコードで記述して、いつでも同じ構成を起動できるようにする
  • 環境の自動化などに利用される

OrganizationsOrganizations

  • アカウントを取りまとめるサービス
  • アカウント全体に対して、組織単位で権限の設定を行うことができる

Security-Identity-Complianceセキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンス

  • 安全に利用するために必須なスキル

Identity-and-Access-ManagementIAM(Identity and Access Management)

  • アカウント管理するサービス

Key-Management-ServiceKMS(Key Management Service)

  • 暗号化する際の暗号化キーを作成してサービスするサービス
  • さまざまなサービスはKMSと連携することができる

Application-Integrationアプリケーション統合

  • アプリケーション同士の連携する際の機能が備わっている
  • システム構成を疎結合ができる

Simple-Queue-ServiceSQS(Simple Queue Service)

  • メッセージキュー
  • アプリケーションで処理を何か頼みたいときに、処理順を決めて処理する

Simple-Notification-ServiceSNS(Simple Notification Service)

  • プッシュして機能を動かす

おわりに

  • サービスが豊富で使いこなすのめっちゃ大変そう
  • その分使いこなせたらインフラ管理すごい楽になるんだろうなっていう印象
  • ただ金額も高いので個人で使う分にはオーバースペックなものが多いのかな