【AWS】どんな資格があるのか

2021年4月9日

はじめに

資格取得するにあたった、どんな資格があるのかざっくりと調べてみた。
業務で軽く触る程度しかやっておらずで、しっかり勉強したいのでアソシエイトレベルを受験予定。

資格のカテゴリ

  • AWSの資格には、取得すべき資格を選択するための指標として役割とレベルが分けられている。
    • 役割
      1. アーキテクト(設計者)
      2. オペレーター(運用者)
      3. デベロッパー(開発者)
    • レベル
      1. 基礎コース(Foundational)
        • 6 か月間の基礎的な AWS クラウドと業界知識
      2. アソシエイト(Associate)
        • 1 年間の AWS クラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験
      3. プロフェッショナル(Professional)
        • 2 年間の AWS クラウドを使用したソリューションの設計、運用、およびトラブルシューティングに関する包括的な経験
  • 上記のカテゴリとは別で、専門の資格が存在している
    • 専門知識(Specialty)
      • 試験ガイドで指定された専門知識分野に関する技術的な AWS クラウドでの経験

基礎コース(Foundational)

  • 基礎コースに当てはまる資格は1つ
    1. AWS認定クラウドプラクティショナー
      • 役割:なし
      • もっとも基礎的な知識を問う試験
      • まず最初に受けた方がいい試験
      • だけど今回はこれをスキップして上位の試験を受ける予定

アソシエイト(Associate)

  • アソシエイトに当てはまる資格は3つ
    1. AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト <<–今回取得予定
      • 役割:アーキテクト
      • アソシエイトのレベルの中では一番基礎的な試験で、他より難易度は低い
      • なので今回はこれを取得してから必要があれば他の資格学習を行う
    2. AWS認定SysOpsアドミニストレーター
      • 役割:オペレーター
    3. AWS認定ソリューションデベロッパー
      • 役割:デベロッパー

プロフェッショナル(Professional)

  • プロフェッショナルに当てはまる資格は2つ
    1. AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル
      • 役割:アーキテクト
    2. AWS認定DevOpsエンジニアプロフェッショナル
      • 役割:オペレーター、デベロッパー

専門知識(Specialty)

  • 専門知識に当てはまる資格は5つ
    1. AWS認定アドバンストネットワーキング
    2. AWS認定データアナリティクス
    3. AWS認定データベース
    4. AWS認定機械学習
    5. AWS認定セキュリティ

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト試験についてもっと詳しく

  • AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA-C02)
  • 試験の回答種類は選択問題と複数回答がある
  • 試験の結果は100 ~ 1000点の間で、合格点は720点
分野試験の比率
分野1:レジリエンとアーキテクチャの設計30%
分野2:高パフォーマンスアーキテクチャの設計28%
分野3:セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計24%
分野4:コスト最適化アーキテクチャの設計18%
合計100%

分野1:レジリエントアーキテクチャの設計

  1. 多層アークテクチャソリューションの設計
  2. 可用性の高いアーキテクチャやフォールとトレラントなアーキテクチャの設計
  3. AWSのサービスを使用したでカップリングメカニズムの設計
  4. 適切な回復力のあるストレージの選択

分野2:高パフォーマンスアーキテクチャの設計

  1. ワークロードに対する伸縮自在でスケーラブルなコンピューティングソリューションの識別
  2. ワークロードに対するパフォーマンスとスケーラブルなストレージソリューションの選択
  3. ワークロードに対するパフォーマンスが高いネットーワーキングソリューションの選択
  4. ワークロードに対するパフォーマンスの高いデータベースソリューションの選択

分野3:セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計

  1. AWSリソースへのセキュアなアクセスの設計
  2. セキュアなアプリケーション階層の設計
  3. 適切なデータセキュリティオプションの選択

分野4:コスト最適化アーキテクチャの設計

  1. コスト効率が高いストレージソリューションの識別
  2. コスト効率が高いコンピューティング及びデータベースサービスの識別
  3. コスト最適化ネットワークアーキテクチャの設計

とりあえずまとめてみたけど。。。

  • 正直現段階だとよくわからないワードが多すぎて、ちょっと不安
  • 実際にAWSアカウント作成して色々触ってみて学習予定